嫁の妊娠中(初期)に夫にできること。症状を理解し少しでも気持ち悪い状態を和らげてあげよう。

こんにちは。すけです。

突然のご報告ですが、嫁が妊娠5ヶ月で安定期に入りました。

つわりがひどい妊娠初期が終わり、妊娠中期に突入したので、戌の日に太陽神天照大神が祀られている神社に安産祈願で参拝してきました。

 

 

 

 

 

 

 

のすけよ。無事元気に生まれてきてなー!
(のすけ:名前もまだ決めていないので、2人の名前からとって’のすけ’と呼んでいます。)

 

 

 

 

 

 

 

妊娠発覚後すべきことは、これから起こることを把握しよう!

妊娠が発覚し、産婦人科でも赤ちゃんの脈拍を確認することができ、嫁のお腹に赤ちゃんが宿りました。

ですが、始めての子育て。何をするか全くわからない!!

そこで取り入れたのが、「トツキトオカ」というアプリです。
(上のスクショがそのアプリ画面です。)

このアプリでは、週毎に様々なアドバイスが記載されています。

  • 赤ちゃんの様子
  • パパへのアドバイス
  • ママの様子
  • ママへのアドバイス

赤ちゃんが生まれるまで、トツキトオカ。

まず、これから何が起こるかをこのアプリで勉強しました。

不安すぎたのですが、すぐに全週分のパパへのアドバイス・ママの様子を一読しました。笑

ですが、初めに読んで良かったと強く思っています。

これから起きることが分かることで、心の安心につながったことは間違いありません。

妊娠初期はつわりがひどい。つわりを少しでも和らげるためにしたこと。

妊娠初期は、船酔いがずっと続いている感覚だそうです。

お腹もすかないし、匂いもダメという妊婦さんが多いようです。

そこで、夫がすぐにできることは以下のことでした。

  • 家事全般(食器洗い、洗濯、風呂洗い、ゴミ処理)
  • 食事の手配

妊娠初期で睡眠機会が多くなる

 

 

 

 

赤ちゃんに血を渡すこともあり、常に疲れている状態。

いつも仕事終わりに夜な夜なゲームをしていた嫁ですが、圧倒的に夜寝ている時間・機会が増えました。

朝起床 → 仕事 → 夜ご飯 → 睡眠 → お風呂 → 睡眠

こんな1日がほとんどでした。嫁は在宅で仕事ができているので、会社に出勤している妊婦さんは本当に大変だろうなと思いました。

夫としてできることは、(できる範囲で)家事全般をしてあげることです。

普段から分担して、お互い気づいたほうがやる方針で家事はしていたのですが、動ける範囲でしかできないため、僕自身が多くの家事を行うようになりました。

赤ちゃんに血を届けるために、睡眠という仕事をしていると捉えることが大事ですね。

特に匂いにすごく敏感になっています。

  • 弁当を温めたときの、いろいろな食材が混じった匂い
  • シンクの洗い物が溜まった状態での匂い
  • ゴミの臭い

なるべく作ったものを。最悪お弁当でも、食器に移して食材が混ざらないように。

食べ終わったら、すぐ洗い物をし、出たゴミはすぐに片付けてあげましょう。

夫でもできることはたくさんありますね。

ただ、いきなり全部やるのは思っているよりしんどいので、時短家電は必要だったなーと思っています。

食べたい・飲みたいものが変化していくので、柔軟に食材を買いましょう。

 

 

 

 

 

妊娠初期での食事は、本当に大変そうでした。

  • 食べないと空腹で気持ち悪い
  • 食べるとお腹いっぱいで気持ち悪い
  • 匂いに敏感
  • 味覚も頻繁に変わり、食べたいものが1日毎で変わる

昨日食べれていたものが今日は食べれない。飲みたいものがころころ変わります。わがままだと思わず、柔軟に考えましょうね!

妊婦あるあるなのかわからないのですが、マクドナルドのポテトはめちゃくちゃ美味しく感じたそうです。

他にも柑橘系の酸っぱい飲み物が急に飲みたくなるなど、味覚の変化がすごかったです。

夫婦は助け合い。お互いがストレスを抱えないようにしていきましょう。

赤ちゃんが生まれるまでまだ先ですが、夫婦仲良くしていけるようにしたいですね。

トツキトオカのアプリでは、週毎にお知らせが届くので、そのときにやっておいたほうが良いことを確認できます。

助け合いながら、子供を迎える準備をしていきます!

次は、保育園戦争?

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です