初心者エンジニアに読んでほしいおすすめ本(リーダブルコード)

こんにちは。すけです。

今日は最近再読したリーダブルコードについて記載していきます。

エンジニアとしての登竜門的に紹介される本書ですが、おすすめされている理由は、チームでシステムを作成するに当たり、必要不可欠な考え方だからです。

チームで書いたシステムのソースコードは、そのシステムが終わるまで保守しなければいけないのです。

そのソースコードは、書いた人がいなくなっても誰かが管理し、障害発生時には、その誰かが対応をしなければいけなくなるからです。

もし、その「誰か」が自分だったなら、きっとそのソースコードを見て叫ぶでしょう。

なんだこのソースはあああああ!!!

これが、安堵の感情か激怒の感情かどうかは、あなたの読みやすいソースコードが書かれているかにかかっています!

システム開発において、たった1人で作ることはない。誰が読んでも読みやすいコードを

この本では、読みやすいコードを書くことの大切さとその方法が書かれています。

最初からキレイに書ける人はほとんどいない。その中でどのような意識でコードを書いていけばよいかのヒントが綴られています。

コードは他の人が最短の時間で理解できるように書く

プログラミングにおいて、意外にも「読むこと」に多くの時間がかかっています。

メソッド名や変数名、コメントでもこれからどういう処理が動くのか、何を保持するのかが分からないとレビューも大変ですよね。他人が読むことを意識してプログラミングをしましょう。

ソースコードの書き方のノウハウ

この本には、チームでソースコードを管理する上で、色々なノウハウが詰め込まれています。

例えば

  • 選択した理由をのべる

チームには様々な経験・経歴を持ったエンジニアがいます。

あるプロジェクトでは、ある時期では、最適なアルゴリズムだったとしても、このプロジェクトではそれがベストアンサーだとは限りません。

インフラの影響、選択している技術などで、別の方法を選択したのかもしれません。

// Hashより早い
hoge.map()

このコメントがないと、処理速度を早くすることに熱心なエンジニアが勝手に変更することはなくなりますよね。

こういったエンジニアあるあるを例を交えながら教えてくれます。

きれいなコードを追求し、チームでレベルアップを

人のソースコードを見ることは、非常に勉強になります。良い意味でも悪い意味でも。

自分が思ったこと、こうしたほうが良いなどは積極的に伝え、どうすれば赤の他人が分かるようになるかを考えアップデートしていきましょう。

 

 

 

 

 

システムが無くならない限り、そのソースコードは行き続けます。書いた本人がずっと見守ることは稀です。

赤の他人でも理解できるようなソースコードは、読みやすいだけでなく、発生するバグも少なくなります。

この本は実際に手に取り最後まで読んでほしいため、まとめ記事ではなく、エッセンスの紹介に留めました。

まずは、意識を変えていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です