【引っ越し】劇的に安く見積もりをする方法|くらしのマーケット活用法

突然ですが、引っ越しの見積もりをどのように進めていますか?

  • 相見積もり出したけど、見積もり金額をすぐに出してもらえない。
  • 見積書の金額が高いか安いかわからないから交渉できない

こんな経験がある方も多いハズ。

でも安心してください。見積もりがうまくできない理由は、「相場が分からない」から。

つまり、

  •  相場が分かれば、交渉しやすくなります!

引っ越しの見積もりを低く見積もってもらう方法を紹介します。

ぼったくりに合わないための方法を身に着けましょう!

引っ越し見積もりを安くする方法

あなたが引っ越しするに当たり、引っ越す場所、荷物の量、日にちによって変わる引越し費用がいくらかかるかご存知ですか?

引っ越しを安くするためには、あなたの引っ越し状況からわかる「引っ越し相場」をしることが最も重要です。

引っ越しを安くする方法の基本|相場を知る

引越し見積もりで検索するかけると、一括見積もりの広告がでてきます。

これに家具、家電、引越し先までの住所などを入力して、メールを登録すると7,8件ほどの「見積もりするのでお伺いさせて下さい!」メールが怒涛のように届きます。

いくらかわからないので、相場知りたいのに営業メールうんざり。。

そこで、まずは相場がいくらか知るために、くらしのマーケットで引越し金額を見積りましょう!

引越しで運ぶ家具、家電等を入力し、ダンボールの数と、引越し予定日、引越し場所を入力することで、概算見積もり金額を出してくれます。

参考 くらしのマーケット - くらべておトク、プロのお仕事。くらしのマーケット

面倒な訪問見積もりをして貰う前に金額がわかるのはありがたい

この金額を利用して、他の引越し業者との交渉に使いましょう!

最初の見積もりに注意|大手引越し業者の訪問見積もりは危険!(体験談)

以前、1人暮らしをしていた際に、会社都合で隣駅に引越しを余儀なくされました。

某有名引っ越し屋さんに見積もってもらったところ、23万円!?

3月の繁忙期とはいえ、上京したての独身(当時)1人暮らしの男性が一駅隣に引っ越すだけで、23万円はとりすぎだろと思いました。。笑

会社都合での引越しだったので引っ越し費用会社負担でしたが、とはいえこれは高いということで人事に相談して、別の引越し業者さんを探してもらって9万程度で引っ越すことができたのですが、相場を知らないって怖いですね。。。

みなさんもお気をつけ下さい!

引っ越しを安くする方法|くらしのマーケットで相場を知る(体験談)

2月の平日に引越しを計画し、1LDKの夫婦2人住まいで、荷物量は以下の通り。


メール一括見積もりで、数社から概算金額が帰ってきたのですが、この荷物量だと最低で7万円でマイナー引っ越し屋さんからの回答でした。

大手は訪問させてくれの1点ばりで、メールでは概算金額出してこないですね。

くらしのマーケットで出た概算は5万円。なかなか安いですね。

ただし、追加で必要になった場合は、追加料金となっていたので、ちょっと不安なところも。。

なので、この金額を使って強気交渉にでました。

メールで訪問見積もり依頼を出す際に、「別引っ越し屋さんの見積もりで5万と出たので、それより安くなれるかも含めて見てもらいたいです。

実際に来てもらった結果、平日ではなく、日曜日引越しで5万円(税抜)で、引越しできるように交渉成立

すけ

相場が分かっていると強気で交渉ができますよ!

そして、実際に家具など見てもらってるので、安心感もありますよね。無事決まってよかったです。

まとめ

引っ越し費用を安くするための交渉術を紹介しました!

  •  相場を知る!(くらしのマーケットで概算見積もり。)
  •  相場の値段を知ってから交渉スタート

くらしのマーケットで引越しは経験できませんでしたが、交渉に使えたのは大きいです。

ぜひ、引っ越しでぼったくりに合わないように賢く交渉しましょう!

くらしのマーケットは、他にもエアコン掃除など家事代行でやってくれるサービスもあるのでチェックしてみてください。

参考 くらしのマーケット - くらべておトク、プロのお仕事。くらしのマーケット

家事の時間をお金で買うにしても、安くできるのはありがたいですよね。

エアコンクリーニングは年1回頼んでいます。体験レポはこちらからチェックしてみてください!

【くらしのマーケット】簡単4ステップ登録でエアコン掃除依頼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。