【グロービス】クリティカル・シンキング研修を受けてみた | 課題解決ステップのポイント解説

グロービスの「クリティカル・シンキング研修」を受講し、問題解決ステップの凄さを実感しました。

そして、この研修受講後、仕事でのコミュニケーション力が増したことを実感しました。

たった6日の講義ですが、講義以外の3ヶ月間をどのように過ごすかで、理解度が圧倒的に変わります。

このブログ記事では、クリティカル・シンキングで登場する問題解決ステップのポイントを解説します。

なぜこの解説が必要か。

それは、全体イメージを抽象化して、講義にのぞむことで具体的にイメージができ理解度が増すためです。

全体のイメージをしてから、90日間の「思考の世界」に飛び込んでみてください。

クリティカル・シンキング研修の全6日間

クリティカル・シンキング研修の6日間の講義におけるキーワードと概要、僕自身の気づきの一覧です。

キーワードについて、更に詳細に知りたい方は詳細欄にレビュー記事を掲載しているのでご覧ください。

Dayキーワード概要気づき詳細
Day1クレームは宝の山か論点をずらさないために、共通認識を合わせる他人の思っている事考えていることは違う顧客のクレームは宝の山か
Day1,2イシューを特定する問に対して、背景や状況を踏まえ、イシューが何かを特定する自分の価値観で物事を考え、勝手な解釈をすると間違ったイシューになるイシューを特定するイシューを分解する
Day2,3枠組みを考えるイシューに対し何を論じるかを軸に必要なデータを集める枠組みを考える対象が広いとデータ集めが大変
狭いと抜け漏れが生じる
枠組みを考える|MECEの作り方
Day4仮設を立てる
仮説検証と進化
集めたデータからイシューの原因の仮設を立て、その仮設が正しいか検証する集めた情報による事実が仮設の進化。仮設がより現実的なものになる初期仮説と仮説の進化のポイント解説
Day5結論とコミュニケーション結論を相手に伝え、今後のアクションに繋げるためにコミュニケーションをとるコミュニケーションの成否は相手によって決まる
相手の立場によって説明しなければ理解されない
結論付けとコミュニケーションの重要性
Day6まとめ全体の振り返りと課題感の共有自分の思考の癖、得意不得意がわかる

クリティカル・シンキングの問題解決ステップ

クリティカル・シンキングは、次に紹介する問題解決ステップを利用していきます。

ステップ0
前提・共通認識を揃える
相手との認識がずれると、会話が成り立たなくなる可能性がある。
あえて口に出す/イメージで伝えることをして、前提を揃える。
ステップ1
イシューを特定する
イシューは何か。その時の背景や状況によって異なる。
自分の価値観で判断するのではなく、そのときの事実に目を当てて課題・問題を特定する。
ステップ2
枠組みを考える
イシューに対するアプローチ方法を考える。
イシューを明確にするために、抜け漏れがないMECEな状態を作れる適切な枠組みを選択する
ステップ3
初期仮設を立てる
イシューと枠組みを考えることができたら、最初の仮説をたてる。
ステップ4
初期仮設を検証し進化させる
仮設を検証するためのデータを集める。
データを集めた結果、その仮設が正しいのか正しくないかを検証し、仮説を進化させる。
ステップ5
結論付ける
仮説検証の結果を踏まえ結論を提示する

このステップを通し課題の特定・解決をした上で、コミュニケーションをすることがゴールになります。

コミュニケーションは、相手が理解することで初めて成立します。

相手に合わして構成し直しましょう。

ステップ1
相手の関心に合わせて、主張と根拠の関係を組み直す
あなたが出した結論が、相手に伝わるように修正する。
理解すべきはあなたではなく、相手であることが重要。
ステップ2
問題解決ステップを再実行
解決策を実行すると新たなイシューが生まれる。
問題解決ステップを繰り返し、精度の高い解決策を生み出していく。

イシューの特定から解決策を出し、解決策の実行をすることで新たなイシューが生まれる。

これを繰り返すことで、より精度・確度の高い解決策を実行することができるようになります。

PDCAサイクルを例に取ると、Actionの効果を最大化することにフォーカスする。

つまり、クリティカルシンキング(批判的思考)で、ビジネス上でコストパフォーマンスを最大化して利益を獲得するための最大公約数的アクションの実現を目指します。

クリティカル・シンキングの鍛え方|研修を使った効果的な方法

鍛え方①|書籍の購読

まずは、クリティカル・シンキング全体の理解が不可欠です。

グロービスのクリティカル・シンキングはこの書籍を基に講義が構成されているので、この書籍だけでも十分理解は深まります。

しかし、課題に対するフィードバックがあるのもグロービスのよいところ。

ブログで紹介した内容だけでなく、書籍を一読した上で講義を受けると更に理解が深まります。

鍛え方②|クリティカル・シンキング研修の受講

クリティカル・シンキングの講義を全6回受講するだけでも、クリティカル・シンキングの理解を深めることができます。

講義・講義レポート・研修課題・課題のディスカッション・講義を繰り返すことで、クリティカル・シンキングの理解を深めていきます。

毎週提示される課題やDay5前のレポートの量に圧倒されますが、やりきることでクリティカル・シンキングの理解を深めることができます。

鍛え方③|研修課題を個人の思考

当たり前ではありますが、研修課題を個人で考える時間を十分にとってください。

この十分に取ることが重要です。

講義と講義の間は2週間あります。この2週間のうちどれだけ思考する時間に費やせたかで、クリティカル・シンキングの理解度が変わります。

鍛え方④|研修課題を複数人でディスカッション

グロービスでは、複数人での講義をしているため、メンバー同士の交流が盛んに行われます。

講義の間2週間あるうちの、1週間で個人の思考を深め、残りの2週間で同クラスのメンバーとディスカッションすることをオススメします。

様々な人の意見から色々な角度の答えを知ることと同時に、自身のアウトプットをすることで思考の再確認ができ整理することができるからです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事のポイント解説で、クリティカル・シンキング研修の全体のイメージを少しでも掴んでいただければ幸いです。

グロービスでは他にも様々な講義を展開しています。あなたの社会人スキルを今以上に磨いていきましょう。


あなたの社会人スキルを活用して、スキマ時間でお小遣い稼ぎをしましょう。

プレゼン資料の作成からキャリア相談など、あなたの得意を売れる時代になりました。

まずは、ココナラの無料会員登録をして、どんなジャンルがあるかを覗いてみましょう。



副業を始める上でネックになるのが確定申告。

そんな確定申告をサポートしてくれる会計ソフトfreee。初心者でも安心。

経理・労務、個人事業主の開業届など、会社経営に関するサポート機能が充実しているので、まずは無料登録をしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。