初心者が韻を踏むコツは!?練習方法紹介byジブラの日本語ラップメソッド

ここ最近メディアへの露出が増えてきたフリースタイルラップ。

ラップってそもそも何?ラップ初心者が簡単に韻を踏むための練習方法を「ジブラの日本語ラップメソッド」を参考に紹介していきます。

まずは2文字から韻を踏んでいきましょう!
ラップを始めるハードルは低く、きっと楽しくなること間違いなしです。

\楽天お買い物マラソン開催中!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

ラップ初心者になるための方法

ラップの基本(ライム、リリック、ビート、フロー)

フリースタイルダンジョン、フリースタイルティーチャーなどでよく耳にする言葉ですが、まずはその解説から。

ライムとは (韻を踏むこと)

ライムとは韻のことを指しています。韻を踏むこと=ライムと呼びます。

ラップをするとは、韻を踏むこととも同義ですね。基本は「言葉の母音を合わせること」が「韻を踏むこと」になります。

リリックとは

リリックとは歌詞やフレーズのことを指します。韻を踏むだけではなく、意味までつなげていくことでやばいリリックとなっていきます。

ビートとは

ビートとはトラック。ラップを乗せる音楽のことです。1小節の中に音符が8個あるものを8ビート、16個あるものを16ビートといいます。

フローとは

フローとはリズムに乗せた言い回しのことです。音に乗せてラップをしたり、レゲエ調に変えて表現を変えたりするラッパーをよく見かけますよね。

ラップ初心者がバトルで韻を踏むための方法・コツ

フリースタイルでバトルするためには、韻を踏めるようにならないといけません。

ラップ初心者の上達法:

R指定の「そうそうそんくらい本気でやってくれねぇとあんちゃん、死角からボンッグレネードランチャーみてぇなもんだ」みたいに急に高度な韻を踏むことは初心者には不可能です。

最初は短い言葉から韻を踏む練習を始めましょう。

ラップ初心者の上達練習法1:2文字で韻を踏む

2文字で韻を踏むことから始めましょう。例えば 母音のaiで韻を踏むとこうなります。

ikishichinihimiri
a秋、空き蟻、有り
ka回、貝牡蠣、夏季歌詞、菓子、可視価値、勝ち可否髪、神、紙、加味仮、狩り、借り
sa再、最、差異先、咲指し、刺し差に去り
taタイ、鯛、隊滝、多岐足し質、太刀、経ち谷、他に多否足り
na無い、内亡き、泣き無し、梨、成し波、並鳴り、成り
haハイ、肺、灰破棄、覇気、吐き橋、端蜂、鉢、8歯に、派に波費針、張り
ma舞、枚、毎巻、薪増し街、待ち間に麻痺
yaヤイ焼きヤシヤニ
raラキ拉致ラリ
waワイ和紙、鷲ワニ和味割り
母音[ai]の韻

上記の表のように、2文字の韻もかなりの数があります。これをスラスラ言えるようになるのが最初のステップです。

ラップ初心者の上達練習法2:文字数を増やす(韻を踏むコツを紹介)

前述した2文字ができるようになってきたら、3文字・4文字と韻の文字数を増やしていくことで韻のボキャブラリーが増えていきます。

文字数が増えていくことで難易度が上がっていきますが、「文字を分ける」ことでシンプルに考えることができるようになります。

例えば4文字の「紹介:shoukai」で韻を踏むとするとき、「ou」と「ai」で文字を分けるとイメージしやすくなります。

「ou」・・・「kou」「toku」「soku」

「ai」・・・「tai」「ai」

文字を分けて母音をイメージした後それぞれを組み合わせることで韻が完成します。

「交代:koutai」「特待生:tokutaisei」「即会いたい:sokuaitai」

ラップ初心者の上達練習法3:好きなラップバトルを完コピ

あとはひたすら音に合わせて声を出していきましょう!好きなラッパーのバトルを完コピして話すだけでも上達の緒が掴めてきますよ!

すけ

フリースタイルダンジョンでモンスターと善戦したSAMさんと、圧倒的なスキルとブレないスタイルを持つFORK(ICE BAHN)さんの1戦。かっこよすぎてもう何十回も聞いています

ABEMAで放映しているバトルは、フリースタイルダンジョンで活躍した歴代モンスターや強豪挑戦者たちが数多く参戦しているバトルをたくさん見ることが出来るのでチェックしてみてください。

ABEMAの公式サイトはこちらから

ABEMA フリースタイルモンスター、フリースタイルティーチャー練習方法

フリースタイルダンジョンで記憶に残るMCバトルを繰り広げたメンバーが「フリースタイルモンスター」というAbema番組で集合します。

モンスターとしてDOTAMA、ID、FORK(ICE BAHN)、輪入道、呂布カルマ、そしてラスボスに般若を揃え特別版を放送中です。

また、「フリースタイルダンジョン」後釜番組である「フリースタイルティーチャー」では、モンスターや挑戦者だったMCラッパーが、アイドルや芸人などにラップを教えてバトルを繰り広げています。

その練習方法は人により様々でラップを上達させるためのヒントが隠されています。興味のある方はぜひご覧ください。

ABEMAの公式サイトはこちらから

ジブラの日本語ラップメソッドの紹介

本の概要

  •  ラップの基本構成
  •  韻の踏み方
  •  ヴァースを書く
  •  曲を書く
  •  いろんなラッパーのフローを見る
  •  フリースタイルのやりかた
  •  ライヴのやりかた

今回紹介した内容以外にも、音の遊び方や歌詞の解説などが紹介されています。日本語ラップを流行らせたZeebra(ジブラ)さんの観点で書かれているのに非常に面白いですね。

日本語ラップメソッドのおすすめポイント

この「ジブラの日本語ラップメソッド」をおすすめポイントは以下です。

  •  初心者〜中級者でもわかりやすく解説している
  •  有名歌手たちの曲を解説してくれる

今回紹介した練習方法はごく1部ですが、とてもわかり易く解説してくれていてもう1歩先を見せてくれるイメージでおすすめです。

またヒップホップ界では有名人のAKLO、DABO、宇多田ヒカル、RHYMESTER、般若、キングギドラ、Zeebra、DEXPISTOLSの楽曲の解説をしてくれているので、この部分だけを見るだけでも楽しめます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。2文字から始めることを継続することで、楽しくラップができるようになると思います。

ラップ初心者の導入編として「ジブラの日本語ラップメソッド」という書籍は、とても読みやすいのでぜひ手にとって見てください。

\楽天お買い物マラソン開催中!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

そして、ラップ初心者に置いて重要なのが、あいうえお表。

これがあると韻を考えるのも楽しくなりますので購入必須です!

\楽天お買い物マラソン開催中!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です