JavaSpringフレームワーク学習開始!まずはサーブレットとJSPの理解

JavaSpringフレームワーク学習開始

こんにちはすけです。

本業でのプロジェクト(Node.jsでのAPI開発)がひと段落し、次回案件はJavaを使ってページ開発をするとのこと。

大学で少し触っていたのと、前職の2年目までは簡単な改修案件はやっていたので、
Javaソース読めはするけど・・・ちょっと待って自信ない!!ブランク6年はきつい。。

ということで、勉強を開始しています。JavaSpringの習得までの学習計画を書いていきます。

いきなりJavaSpringフレームワークの勉強で挫折

JavaのフレームワークSpringを採用しているので、実は以前から書籍を購入して読んではいたのですが、何を言っているかわかりませんでした。

「Java Spring オススメ」 で検索して出てきたオススメ書籍

以下2冊を購読していました。


Springの概要について一読して、いざ環境構築してやろうと思ったのですが、いわゆるHello!World!を出すことができずに本を閉じてしまうことに。

今も本棚に眠っています。。

 

 

 

 

 

 

 

Node.jsでのAPI開発プロジェクトにアサインされてから勉強は中断という状況でした。

「この取り組みでいけなかったこと」

  • Javaソースが読めるからといって、背伸びしない
  • Javaの動きを理解していないのに作れない

この反省をもとにレベルを下げることにしました。

まずは、サーブレットとJSPの理解から

前提として、

  • Javaのソースを読める
  • Javaコードも書ける(LeetCodeで選択している言語はJava)
  • Springがなんなのかわかっていない

色々と調べてみると、Springはフレームワーク
サーブレットのコンテナ上で動作するフレームワークがSpring。らしい…!

サーブレットってなんだ!!

ということでJavaの入門書は飛ばして、Javaのサーブレット&JSPの書籍を購読開始!

第2章までは、インターネットに公開される仕組み、サーバでどう処理をしているのかの話を簡単に説明してくれているので、初心者の方にもわかりやすい内容となっています。

環境構築完了!必要なのは、開発環境とTomcat

書籍で紹介されている開発環境は、Pleiades (プレアデス) Eclipseでした。Tomcatも一緒に用意してくれるとのことです。

インストール方法、初期プロジェクトの作成など、Web上でチュートリアルが用意されているので初心者の方にも安心かと思います。

 

 

 

 

僕は、Intelljを利用しているので、tomcatをダウンロードしてIntellj+tomcatで構築しました。

無事にHello Worldが見れた。。

(初めてHelloWorldを見た時と同じくらい嬉しいかもしれない。。)

 

 

 

 

 

 

これからの学習計画

3章まで読破し環境構築もできたので、これからバシバシ書いていきます!

  1. この本を読破してサーブレット&JSPの理解
  2. サーブレットコンテナの上で動くフレームワークSpringを理解

このステップが重要だと思ったので、この順番で学習を進めていきます。

眠っているSpringの書籍も呼びさませるように頑張ります!

皆さんも頑張りましょう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です