AWS ソリューションアーキテクト アソシエイト合格への道

AWSソリューションアーキテクト アソシエイト合格への道

 

バックエンドエンジニアがAWSを使っていてこんなことありませんか。

  • インフラチームからの要求事項で何言っているのかわからない
  • アプリでどんなインフラ構成にしたら良いのかわからない
  • インフラチームに頼り切りだけど、もっと簡単な方法ないの?

僕もまだまだこのレベルですが、バックエンドエンジニアがAWSについて理解していくことは

非常に重要なことと考えます。

 

クラウドでインフラを用意できるようになった今の時代。

アプリケーションエンジニアとインフラエンジニアの境目が無くなってきたように思います。

どちらのことも理解していたほうが圧倒的に仕事はしやすいし、

自分の市場価値が上がるのは間違いがありません。

 

本日は今年受けようと思っているAWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトについて、勉強方法について残しておこうと思います。

1度挫折した参考書籍を読めるようになっていた。

実は、参考書をだいぶ前に購入していたのですが、
途中で挫折してしまい放置したままでした。

前職では実際に構築することはなかったので、Webアプリケーション作成時/運用時に利用していたサービスの機能程度しか知らなかった。

この状態であったため、参考書の内容が頭に入ってこず、挫折してしまいました。

購入した参考図書はこちらです。


僕は現在アプリケーションエンジニア(バックエンド)として働いているので、

AWSでインフラ構築することはないです。

 

実際の今の業務でも、以下の作業程度しか触れる機会はないです。

・インフラチームの方に、設定をお願いする(要件を伝えよしなに作成してもらう)
・実作業でS3にファイルを配置する/参照する
・バックエンド実装時(例:SESを使ったメール機能、S3へのファイルアップロード)

何故挫折せず1冊読み切れるようになったか

まだ、試験を受けたわけでもないので、

自分がどれだけ実力がついたのか定かではないのですが、

このお正月期間中に1冊読破することに成功しました。

 

以前は、分からなくて頭に入ってこなかった部分が、

聞いたことある!」「わかる!」となり、会社で構築しているインフラ環境以外のサービス部分もメリット・デメリットを理解できているようになりました。

では、何故読み解けるようになってきたかと振り返ってみると、

システム構成図を自分で作成したことが大きかったように思います。

 

インフラチームの方が、AWSの構成図はまとめてくれているのですが、

自システム内の動きまでは把握できません。

詳細は記載できませんが、

フロントエンドからバックエンド、他システムまでの流れをシステム構成図として一通り記載し(自分なりで良いので)、
有識者にあっているかを確認することで、理解が深まったように思います。

これができると、上で記載した作業の1つもこなすことができるようになりました。

  • インフラチームの方に、設定をお願いする(要件を伝えよしなに作成してもらう)

これだけ聞くと物凄く低レベルな感じがしますが、

インフラ苦手意識が非常に強かった僕としては大きな一歩でした。

要件を伝えるだけでなく、インフラの方からの質問に対しても、

何を回答すれば良いのかわかるようになりました。

プロフェッショナルにならなくても前提知識は必要

アプリケーションエンジニアとして働くために、

AWSの知識は最低限あれば仕事はこなせますが、

どのようなアーキテクチャを作成するかをインフラの方と一緒に考える。

 

できなくても、何故こうしたかを語れるようになると、

きっと以前よりもアーキテクトを考えることが楽しくなる!と思ったため、AWSの勉強を進めています。

 

今は、AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトの勉強をしているのですが、
まずは、1つ難易度の低い試験であるAWS認定クラウドプラクティショナーから攻めて行こうと思います。

おすすめの勉強法、書籍などまたあげていければと思います。

 

2周目を読んでみて更に、理解が深まったので、こちらも参考にしていただければと思います。

【AWS】ソリューションアーキテクト アソシエイト合格への道②(参考書を2周読んで感じたこと)

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です